会社設立にあたり


会社設立はそれほど難しい事ではありませんので、誰もができることです。しかしながら、その手続きの仕方によってその後の税の額が大きく変わってきます。会社の経営者は経営のプロであるのは言うまでもありませんが、税法上のプロではありませんので、あらかじめ税理士に会社設立について相談をしてくのがお勧めです。

税理士に相談をすることによって、長期的な展望でのアドバイスを受けることが可能になります。また、会社設立の手間を省略することも可能ですので、アドバイスを受けておくのがお勧めです。自分でやるのも悪くはありませんが、専門家の指南を受けるほうが効率的なことも多くなります。

特に重要なポイントになってくるのが決算期です。決算のタイミングはできれば税理士のいる事務所がそれほど忙しい時期ではない月を決算月にしておくと、丁寧に決算の対応をしてもらうことが可能になるのでお勧めです。会社の決算月は必要に応じていつでも変更可能です。

会社の設立にあたって、税理士の立場から見て重要になってくるポイントは税金対策です。いかに節税をしていくかについて、または消費税対策をどのように行って行くかについて、また、資金をどのようにやり繰りしていくかについて、アドバイスを求めることはお勧めです。税のプロの観点から有意義なアドバイスを受けることができるようになる事が期待されます。会社はいい仕事をすることも大事なことですが、健全な資金の流れを作り出していくことも同時に必要になります。