会社の信用


会社を設立して運営していくためには良い仕事を心がけていくことと同時に会社の信用をあげていくことも必要になります。会社の信用はどのくらいの技術を持っているかということや利益がどのくらい上がっていくかという点もありますが。

資本金がどのくらいの会社であることも会社の信用に直結してきます。もちろん資本金が法律によっていくらであってもいいことにはなっていますが、1円の資本金ではなかなか信用が得られない場合も多くなります。ある程度の資本金を設定しておくことが肝要です。

資本金を大きくすることはそれなりの負担が経営者に要求されますので、過剰に資本金を増加させる必要はありません。例えば資本金が1億円以下の会社であれば法人税の軽減の得点があります。また交際費を計上することも可能です。住民税の均等割りについても特典を得ることができますので、1億円以上の資本金設定はよほどのことが無い限りはお勧めとは言えません。

資本金と税法上の特典の関係については、会社設立の前に税理士に相談をして、どの程度の資本金にするのが妥当であるかを検討するのがお勧めです。信用のない会社はそれだけでハンディを負ってしまいますので、十分な検討が肝要です。